ボニックプロ 痛い

ボニックプロは痛くない?

 

  • ボニックでは痛い、と言う話が出ていた
  • ボニックプロの痛み軽減対策はこちら
  • ボニックプロをお勧めする理由は他にもあります

 

 

ボニックでは痛い、と言う話が出ていた

 

 

まず、ボニックプロの前身であるボニックについては「痛い」という意見がそれなりにあったそうです。
ボニックについての痛みは主に3タイプあったそうです。

 

ボニックの痛みその1

 

ボニックの痛みその1は、ボニックを当てた部位の皮膚の痛みです。
「ヒリヒリ」という感じの痛みのようです。

 

肌が弱い場合や、ボニックが上手く当たっていない場合に感じる事が多かったそうです。
それから、ジェルの塗りが不十分な場合などですね。
電気が集中してしまう部位が出て、痛くなってしまうと言われています。

 

ボニックの痛みその2

 

ボニックもボニックプロもEMSにより筋肉を直接動かす事ができると言われています。
この際、運動の習慣があまり無い場合は、特に最初の内は、ある程度無理に筋肉を動作させる事になるので、痛くなる場合があったと言われています。

 

このような痛みを避けるためにも、最初は弱めに調節して使うと良いと言われています。

 

ボニックの痛みその3

 

ボニックの使用後に筋肉痛になる事があると言われています。
これは、普通の運動でも起き得る事ですし「ボニックの痛み」と言えるのかどうかは少し微妙ですけどね。

 

こんな感じで、ボニックに関しては「痛い」と感じる人がそれなりに存在していたと言われています。

 

 

ボニックプロの痛み軽減対策はこちら

 

 

で、ボニックがボニックプロに進化した事で「痛み」と「痛みを感じる可能性」が大幅に軽減されたそうです。

 

まず、ボニックは「1秒につき1800回」もEMSをする超強力製品でした。
強力過ぎるので「そもそも普通に使っていても痛い」と感じる人もいたそうです。

 

それから、ボニックの場合は肌への接地面が広いせいで、細い箇所(二の腕)等には当てにくく、電流のバランスが悪くなって痛くなる場合もあったと言われています。
そして、操作面が「いつの間にか触ってしまいやすい場所」にあったため、強さやモードが変化して、痛くなる場合があったと言われています。

 

 

進化したボニックプロはこれらの問題点をほとんど解決していると言われています。

 

まずボニックの時よりも綿密に周波数を調整し、EMS時の痛みを減らす事に成功したと言われています。
それに、筋肉の「緩和」と「収縮」を無理のないリズムで実行させ、痛みを減らしつつ効率も上昇させたと言われています。

 

また、接地面が狭くなったため、細い箇所の肌にも密着しやすくなったと言われています。
また、操作面を「意図しないとほぼ触らない場所」に変更する事で、事故がほとんど起きなくなったと言われています。

 

 

ボニックプロをお勧めする理由は他にもあります

 

 

上記のように、ボニックがボニックプロに進化した事で、痛みが大幅に軽減されたのだと言われています。
実際、EMS関連機器に関しては「痛み」を心配している人が多いそうなので、ボニックプロはそういった視点から見てもこれからさらに人気が高まっていきそうです。

 

 

ですが、ボニックプロをオススメする理由は他にもあります。

 

EMSだけは共通していましたが、ボニックプロになる事でまず「キャビテーション」が追加されました。
ボニックプロのキャビテーション能力によって、肌の内部まで振動を伝える事が可能になったと言われています。

 

そしてキャビテーションだけでなく「RF」もボニックプロになる事で追加されました。
RFによって皮膚をポカポカにして、よりトリートメント効率がアップするようになったと言われています。

 

 

ボニックがボニックプロに進化した事で「キャビテーション」「RF」「EMS」の3つが期待できるようになったという事ですね。

 

この「キャビテーション」「RF」「EMS」はエステ業界でも注目されている手法だと言われています。
つまり、ボニックがボニックプロに進化した事で、一般人でも自宅でエステ感覚がより味わいやすくなったのだと表現できると思います。

 

さあ、ボニックプロで「自宅エステ」を楽しみましょう!